資格のことなら「資格ナビ」



司法書士

司法書士の受験資格

  • 特に制限なし。誰でも受験できる。

司法書士の試験内容

  • 司法書士法第5条の規定にもとづき、行なわれる全国統一の資格試験である。
筆記(1次)試験
  1. 憲法、民法、商法、刑法に関する知識
  2. 不動産登記及び商業(法人)登記に関する知識(登記申請書の作成に関するものを含む)
  3. 供託並びに民事訴訟、民事執行及び民事保全に関する知識
  4. その他司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行なうのに必要な同法に関する知識及び能力

多肢択一式(Aのみ記述式を含む)で、@が午前の部2時間、A〜Cが午後の部3時間。

 

なお@〜Cの各成績のいずれかがそれぞれ一定の基準点に達しない場合は総得点に関わらす不合格となる。

口述(2次)試験

筆記試験合格者について実施。試験範囲は筆記試験科目に準ずる。

受験手続き

受験に必要となる書類は以下のとおりである。

  1. 法務局及び地方法務局で交付される司法書士試験受験申請書、写真票及び筆記試験受験票
  2. 受験手数料6,600円(収入印紙で納付)
  3. 脱帽して正面から上半身を写した背景のない写真(申請前3か月以内に撮影)

これらの書類を筆記試験を受験しようとする試験場の所在地(受験地)を管轄する法務局・地方法務局の総務課に提出する。郵送による申請する場合は、必ず書留郵便で送付すること。

試験日

  • 筆記試験…7月上旬
  • 口述試験…10月中旬

問い合わせ先

法務省 東京法務局
〒102-8225 東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎
TEL 03(52113)1323

このページの先頭へ戻る