資格のことなら「資格ナビ」

下水道技術検定

 

資格内容

下水道の設計、工事の監督管理及び維持管理には、法令により一定の下水道実務経験を有する者に行なわせなければならず、事業を実施するには有資格者を確保する必要がある。

 

技術検定は有資格者の早期確保などを目的に創設された制度。合格すると資格取得について必要とされる実務経験年数を短縮する特例が認められる。

受験資格

  • 特に制限なし

試験内容

1種、2種、3種の区分がある。

第1種技術検定
  • 下水道の計画設計を行うために必要とされる技術
  • 試験科目…下水道計画、下水道設計、施行管理法、下水処理、法規
第2種技術検定
  • 下水道の実施設計及び工事の監督管理を行なうために必要とされる技術
  • 試験科目…下水道設計、施工管理法、下水処理、法規
第3種技術検定
  • 下水道〈処理施設、ポンプ施設〉の維持管理を行なうために必要とされる技術
  • 試験科目…下水処理、工場排水、運転管理、法規

 

受験手続き

申込用紙配布

例年6月中旬から配布。申込用紙配布場所は問い合わせ先へ。

 

※郵送を希望する場合は、封筒の表に「申込用紙○部請求」と朱書し、返信用封筒を同封して請求してください。

 

※返信用の封筒は角型2号封筒(24p×33p)を用い、料金分の切手を貼る。 >>詳細

 

申込期間

例年7月上旬から下旬ごろ。

 

受験料

  • 第1種技術検定…12,000円(税込)
  • 第2種技術検定…9,000円(税込)
  • 第3種技術検定…9,000円(税込)
  • 認定試験(管路施設)…9,000円(税込)

試験日

例年11月中旬の日曜日。試験時間:2時間30分。

試験地

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇の11都市の中から受験申込者の希望する1都市。
※試験場などの都合により,上記都市周辺に試験場を設ける場合もある。
※受験申込後の試験地の変更は、認められない。

合格発表

12月下旬に日本下水道事業団研修センターの庁舎内及びホームページに合格者氏名を掲示。また合格者には書面で通知する。

問い合わせ先

日本下水道事業団 研修センター研修企画課
〒335-0037 埼玉県戸田浦下笹目5141 048(421)2076

このページの先頭へ戻る