資格のことなら「資格ナビ」

衛生管理者 詳細データ

資格内容

常に50人以上の労働者を雇用する事業所では、その労働者数によって一定数の衛生管理者を置くことが労働安全衛生法により義務づけられている。その仕事の内容は以下の通り。

  1. 建康異常者の発見と処置。
  2. 作業環境の衛生上の調査、改善。
  3. 作業条件、施設等の衛生上の改善。
  4. 労働衛生保護具、救急用具の点検整備。
  5. 衛生教育及び衛生日誌などの記録の整備、可滋疾病の原因調査と予防など。

なお、1種は全業種に就くことができるが、2種は農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業を除く業種に就ける。

 

受験資格

以下のような、一定の実務年数が必要になる。

  1. 10年以上労働衛生の実務経験者。
  2. 高等学校の卒業者で3年以上の労働衛生の実務経験者。
  3. 大学、高等専門学校の卒業者で、1年以上の労働衛生の実務経験者など

試験日

各センターによって回数や試験日が異なるが、月1〜3回程度実施されている。

年齢制限

なし

試験内容

第1種衛生管理者

@関係法令(労働基準法、労働安全衛生法)など A労働生理 B労働衛生

第2種衛生管理者

@関係法令 A労働衛生(共に有害業務に係わるものを除く) B労働生理

受験手続き

受験申請書に試験手数料を添えて、各安全衛生技術センターに郵送、あるいは持参して提出する。郵送の場合は、手数料を郵便振替か銀行振込にて払いこむ。

受験料

第1種衛生管理者、第2種衛生管理者共 6,800円(非課税)

受付期間

試験日の2か月前から、郵送の場合は試験日の14日前の消印のものまで。窓口持参の場合は土・日・祝日をのぞく2日前まで。

 

ただし、各センターによって申込状況が異なるため、詳細はホームページのセンター試験申込状況を閲覧するか、各モニターに問い合わせることが必要である。

試験地

北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州の各安全衛生技術センター

 

※遠隔地については出張試験が行なわれることがある。

願書請求方法

受験申請書は安全衛生技術試験協会、各地区安全衛生技術センターで配布されます。

 

郵送希望の場合は返信用封筒(角型2号)に切手を貼り、試験の種類と必要部数をメモ書きし各センターへ送付(1部で200円切手、2部で240円切手、3〜5部で390円切手)する。

 

願書請求方法の詳しくは、安全衛生技術試験協会のHPで確認できます。

合格率(平成24年度)

  • 第1種衛生管理者…53.9%
  • 第2種衛生管理者…66.2%

問い合わせ先 各安全衛生技術センター

  • 北海道センター
  •  〒061-1407 北海道恵庭市黄金北3-13 0123(34)1171

  • 東北センター
  •  〒989-2427 宮城県岩沼市里の杜1-1-15 0223(23)3181

  • 関東センター
  •  〒290-0011 千葉県市原市能満2089 0436(75)1141

  • 中部センター
  •  〒477-0032 愛知県東海市加木屋町丑寅海戸51-5 0562(33)1161

  • 近畿センター
  •  〒675-0007 兵庫県加古川市神野町丿西之山字迎野 079(438)8481

  • 中国四国センター
  •  〒721-0955 広島県福山市新涯町2-29-36 084(954)4661

  • 九州センター
  •  〒839-0809 福岡県久留米市東合川5-9-3 0942(43)3381

このページの先頭へ戻る