資格のことなら「資格ナビ」



ビジネス実務法務検定試験

受験資格

  • 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません

※ただし、1級は2級合格が条件。

試験内容

1級
  • 論述問題(共通問題・選択問題とも)
  • 制限時間は共通問題 2時間・選択問題 2時間
  • 共通問題2問・選択問題2問の200点満点とし、各問題ごとに得点が50%以上でかつ合計点が140点以上をもって合格
2級
  • マークシート方式
  • 制限時間は2時間
  • 100点満点とし、70点以上をもって合格
3級
  • マークシート方式
  • 制限時間は2時間
  • 100点満点とし、70点以上をもって合格

各級の基準

1級

業務上必要な法務知識をビジネス全般にわたって持っており、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる。(実務的対応能力としてのアッパーレベルを想定)

2級

企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家への相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律実務知識を有している。(知識レベルのアッパーレベルを想定)

3級

ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。(ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識を想定)

受験手続き

「インターネット」または「電話」による申込登録。詳細は下記問い合わせ先へ。

受験料(税込)

  • 1級…11,000円
  • 2級…6,600円
  • 3級…4,400円

試験日

  • 1級…12月上旬頃
  • 2級…6月下旬頃・12月上旬頃
  • 3級…6月下旬頃・12月上旬頃

※1級は1年に1回、2.3級は1年に2回実施

試験地

  • 全国各地

合格率

  • 1級…10%前後
  • 2級…30〜50%前後
  • 3級…70〜80%前後

問い合わせ先

東京商工会議所検定センター
TEL 03(3989)0777

このページの先頭へ戻る