土地家屋調査士

受験資格

特に制限なし。なお、測量士もしくは測量士補または一級建築士もしくは二級建築士となる資格を有する者は、申請により筆記試験の一部が免除される。

試験内容

筆記試験…不動産の表示に関する登記につき必要と認められる事項であって、次に掲げるもの。
@民法に関する知識。A登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む)及び審査請求の手続に関する知識。B土地及び家屋の調査及び測量に関する知識及び技能であって、次に掲げる事項。ア.平面測量(トランシット及び平板を用いる図根測量を含む) イ.作図(縮図及び伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む)。Cその他土地家屋調査士法第3条に規定する業務を行うのに必要な知識及び能力。試験は多肢択一式及び記述式で実施。午前に行なわれる土地及び家屋の調査及び測量に関する知識等は多肢択一式が60点、記述式が40点、午後に行なわれるその他の試験は、多肢択一式、記述式それぞれ50点となる。

 

※筆記試験には、黒インクのペン、万年筆又はボールペン、三角定規、製図用コンパス、三角スヶ−ル、分度器、電卓などが必要なので確認すること。なお、使用できる電卓は、下記の条件を満たしたものでなければならないので要注意。@プログラム機能(数式記憶機能、公式記憶機能を含む)を有しないもの。Aプリント機能を有しないもの。B文字入力機能を有しないもの。C電池式(太陽電池を含む)のもの。

 

口述試験…筆記試験に合格した者を対象に実施される面接。筆記試験の内容ACに準じたもの。

受験手続き

次の書類を、受験しようとする受験地の所在地を管轄する管区法務局・・地方法務局の総務課に提出する。@受験申請書。A写真票及び筆記試験受験票。B筆記試験の一部が免除される者は、その資格を証明する書面の原本と写し1通を受験申請書に添付する。郵送で申請する場合は、封筒の表に「土地家屋調査士受験」と朱書した上、書留郵便で送付すること。

受験料

7,200円。収入印紙を申請書に貼付する。受験申請を行なった後は、受験しなかった場合でも返還されない。

試験日

筆記…8月25日、口述…11月21日。(平成25年度)。

試験地

筆記試験は法務局又は地方法務局が指定した場所。口述試験は管区法務局ごとにそれぞれの局が指定した場所。

問い合わせ先

法務省 http://www.moj.go.jp

 

札幌法務局
〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西2-1-1 札幌第1合同庁舎
011(709)2311

 

仙台法務局
〒980-8601 宮城県仙台市青葉区春日町7-25 仙台第3法務総合庁舎
TEL 022(225)5718

 

東京法務局
〒102-8225 東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎
TEL 03(5213)1323

 

名古屋法務局
愛知県名古屋市中区三の丸2-2-1 名古屋合同庁舎第1号館
TEL 052(952)8175

 

大阪法務局
〒540-8544 大阪府大阪市中央区谷町2-1-17 大阪第2法務合同庁舎
TEL 06(6942)1486

 

広島法務局
〒730-8536 広島件広島市中区上八丁掘6-30
TEL 082(228)5697

 

高松法務局
〒760-8508 香川県高松市丸の内1-1 高松法務合同庁舎
TEL 087(821)6191

 

福岡法務局
〒810-8513 福岡県福岡市中央区舞鶴3-9-15
TEL 092(721)9398