システムアーキテクト試験

年齢制限

なし

試験内容

試験で期待される技術水準は以下のとおり。システムアーキテクトの業務と役割を円滑に遂行するため、次の知識・実践能力が要求される。
〔情報システム〕@情報システム戦略を正しく理解し、業務モデルり胃報システム全体体系を検討できる。A各種業務プロセスについての専門知識とシステムに関する知識を有し、双方を活用して、適切なシステムを提案できる。B企業のビジネス活動を抽象化(モデル化)して、情報技術を適用できる形に再構成できるなど。
〔組込みシステム〕@対象とする組込みシステムが用いられる環境条件や安全性などの品質要件を吟味し実現すべき機能仕様を決定できる。A対象とする組込みシステムの機能仕様に基づき、ハードウェアとソフトウェアの適切な組合せを設計し、それぞれの要求仕様としてまとめることができる。BリアルタイムOSに関する深い知識と汎用的なモジュールに対する知識を有し、ソフトウェア資産の再利用可能性の検討や。適切な活用ができる。出題範囲は情報処理技術者試験センターが策定し、ホームページ上などで公表されている。午前の試験の出題範囲は、Tが共通知識、Uが専門知識である。午後の試験の出題範囲は、〔情報システム〕(1)契約・合意に関すること、(2)企画に関すること、(3)要件定義に関すること、(4)開発に関すること、(5)運用・保守に関すること、(6)関連知識。〔組込みシステム〕(1)機能要件の分析、機能仕様に関すること、(2)ハードウェアとソフトウェアの要求仕様の決定に関すること。(3)汎用的モジュールの利用に関すること。試験は午前T(50分)、午前U(40分)、午後T(90分)、午後U(120分)で行なわれ、午前は多肢選択式(四肢択一)T30問、U25問出題で全問解答、午後Tは記述式4問出題で2問解答、午後Uは論述式3問出題で1問解答。

受験手続き

個人受付と団体受付がある。個人受付は郵便局での受付のほかにインターネットでの受付も可能。インターネットの場合、ホームページ上で願書情報を入力し、送信することで受験申込手続きができる。案内書はダウンロードして印刷することができる(願書は不可)。受験手数料の払込みは、クレジットカード決済、ペイジー(Pay-easy)による払込み、コンビニ利用による払込みの3つの方法が可能。団体受付は5人以上で取り扱っている。願書受付期間に7月中句から約1か月間。

受験料

5,100円。

試験日

秋期/10月第3日曜日。

試験地

札幌、青森。東京、静岡、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇など全国主要都市。

問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
〒113-8663 東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス15F
TEL 03(5978)7600