測量士

資格内容

測量とは測定機器を用いて、地上のある部分の位置や形状、面積を測定したり、地図などに図示することであり、測量には基本測量・公共測量などがある。測量法によると、基本測量・公共測量に携わる技術者は、「登録された測量士又は測量士補でなければならない」と定められている。測量士になるには次のいずれかに該当しなければならない。
@文部科学大臣の認定した大学、又は高等専門学校において、測量に関する科目を修め、当該大学を卒業し、測量に関する実務経験(大学は1年以上、短大・高等専門学校は3年以上)有する。
A国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門養成施設において1年以上測量士補となるのに必要な専門の知識及び技能を習得し測量に励して2年以上の実務経験を有する。
B測量士補で、国土交通大臣の登録を受けた測量に関する専門の養成施設において高度な専門知識及び技能を習得している。
C国土地理院が行う測量試験に合格する。測量業者は各営業所に必ず1人はおかなければならない技術者であり、測量の最高責任者でもある。主な任務は受注した仕事の規模、納期、金額、地域。要求精度などを勘案し、どの測量方法を採用するかを選択、そして図上計画の作成をし、実際に現地へ赴きイ乍業に取り組むこと。職域としては、国土地理院など各官公庁で働くケースもあるが、上位を占めるのは建設会社をはじめ、土木・測量・建設コンサルタントの各会社である。

 

受験資格

特に制限限なし。誰でも受験できる。

試験内容

測量士として専門学的学識及び応用能力かおるかどうか。また測量士補として専門的技術を有するか判定するための試験である。@多角測量、A汎地球測位システム測量、B水準測量、C測量に関する法規及びこれに関連する国際条約、D地形測量、E写真測量、F地図編集、G応用測量、H地理情報システム。別途国土地理院から公表される試験案内を参照。

受験手続き

次の書類を所定申込期間に、国土交通省国土地理院総務部総務課へ書留郵便(最終日の消印有効)にて郵送または持参(受付時間は休日を除く午前8時30分から午後5時15分)すること。@受験願書。A履歴書。B写真票、受験票各1通。

受験料

4,250円(収入印紙のみ)。

試験日

5月中旬の日曜日。

試験地

北海道、秋田、宮城、東京、新潟、富山、愛知、大阪、島根、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄の各都道府県のうち希望地を選択。

試験手数料

4,250円 

合格発表

7月下旬ごろ。国土地理院、国土地理院各地方測量部及び国土地理院沖縄支所において広告するとともに全受験者宛に試験結果(合否)を通知。国土地理院のホームページにも掲載。