照明士の詳細

資格内容

高度な照明のソフト・ハード面に関する専門知識を認定する。実践的なアプリケーションエンジニアとして活躍できる。

受験資格

照明コンサルタント認定者。または照明関連実務経験者。照明学会の会員資格が必要。(申込と同時に入会可)

照明士の受講内容

問題解答提出4回、レポート1回、スクーリングを含む通信教育を修了することで取得できる。追試あり。照明に関する専門的な講座である。受講には、いくつかの制限が設けられているので、詳しくは問い合わせ先に確認のこと。

 

照明士の受講手続き

6月1日〜7月31日に受付(郵送の場合には、当日消印有効)

照明士の受講期間

10月開講〜翌年3月。

照明士の講習地(スクーリング)

東京、大阪。

照明士のカリキュラム

T編 照明設備
U編 視覚の基礎、色彩学
V編 初等幾何光学と測光量
W編 光環境の見え方とその役立ち
X編 市街地のトラフィック
Y編 視覚情報表示とシステム
Z編 防災照明システム
[編 生物環境
\編 工業分野
]編 光エネルギーの障害
?編 照明関係の安全基準
?編 環境与件
付録

照明士の受講料

36,720円(税込) +会費(半期分)5,000円。

照明士の問い合わせ先

一般社団法人 照明学会 〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-8-4吹田屋ビル3F 03(5294)0105