法学既修者試験

受験資格

一切問わない。

試験内容

憲法・民法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法・商法・行政法の7科目。
第1部「憲法・民法・刑法」(90分)と第2部「民事訴訟法・刑事訴訟法」(60分)はすべての受験者に受験が義務づけられる。第3部「商法」(30分)と第4部「行政法」(30分)の受験は任意。
出題形式は@正誤問題20問(各1点)とA択一問題5問(各4点)で、各科目25問、40点満点。解答はマークシート方式。なお、本試験では合否ではなく、試験の成績(スコア)のみが受験者に通知される。

 

受験手続き

出願手続きは試験日のおよそ1ヶ月前までの1ヶ月間。出願書類は特約書店やホームページから入手。申込は郵送での申込とホームページやコンビニ店頭設置機械などからの申込がある。

受験料

1万2.600円(受験科目数にかかわらず同一)。

試験日

7月21日。

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の全国7地区。

問い合わせ先

法学検定試験委員会 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町3-9-10
TEL 03(5614)5636