基本情報技術者試験

年齢制限

なし。

試験内容

試験で期待される技術水準は以下のとおり。

 

(1)情報技術を活用した戦略立案に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。
@対象とする業種・業務に関する基本的な事項を理解し、担当業務に活用できる。A上位者の指導の下に、情報戦略に関する予測・分析・評価ができる。B上位者の指導の下に、提案活動に参加できる。
(2)システムの設計・開発・運用に関し、担当業務に応じて次の知識・技能が要求される。@情報技術全般に関する基本的な事項を理解し、担当業務に活用できる。A上位者の指導の下に、システムの設計・開発・運用ができる。B上位の指導の下に、ソフトウェアを設計できるC上位者の方針を理解し、自らソフトウェアを開発できる。
出題範囲は情報処理技術者試験センターが策定し、ホームページ上などで公表されている。午前の試験の出題範囲の分野は、基礎理論、コンピュータシステム、技術要素、開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、システム戦略、経営戦略、企業と法務(技術レベルUに対応)。
午後の試験の出題範囲は、(1)コンピュータシステムに関すること、(2)情報セキュリティに関すること、(3)データ構造及びアルゴリズムに関すること、(4)ソフトウェア設計に関すること、(5)ソフトウェア開発に関すること、(6)マネジメントに関すること、(7)ストラテジに関すること

 

試験は午前(150分)、午後(150分)で行なわれ、午前は多肢選択式(四肢択一)80問出題で80問解答、午後は多肢選択式13問出題で7問解答。

 

受験手続き

個人受付と団体受付がある。個人受付は郵便局での受付のほかにインターネットでの受付も可能。インターネットの場合、ホームページ上で願書情報を入力し、送信することで受験申込手続きができる。案内書はダウン[]−ドして印刷することができる(願書は不可)。受験手数料の払込みは、クレジットカード決済。ベイジー(Pay-easy)による払込み、コンビニ利用による払込みの3つの方法が可能。団体受付は5人以上で取り扱っている。願書受付期間は、春期試験は1月中旬から約1か月間、秋期試験は7月中旬から約1か月間。

受験料

5,100円

試験日

春期/4月第3日曜日、秋期/10月第3日曜日。

試験地

札幌、青森、東京、静岡、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇など全国主要都市。

問い合わせ先

独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
〒113-8663東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス15F
TEL03(5978)7600