計装士の詳細

計装士の資格内容

ビルやプラントの計測制御機器の取付工事、それに伴う配管・配線工事の設計、監督などに従事する。試験は1級と2級に分かれていて、それぞれ学科試験と、学科試験合格者が受験する実地試験があります。

 

実地試験合格者には、合格証明書及び登録証が交付されます。 

 

計装士の受験資格

【1級】計装工事の設計・施工の実務経験5年以上の者。ただし、2級計装士合格者については、実務経験4年6ヶ月以上の者(上記には指導監督的実務経験年数1年以上を含む)。

 

【2級】計装工事の設計・施工の実務経験2年以上の者。

 

※実務経験とは、建築物その他の工作物もしくは、その設備において計測・制御・監視設備工事又はデータ回線工事の設計・施工に従事することをいう。

 

※指導監督的実務経験とは、現場主任技術者、工事主任・設計主任などの職にあって、部下を指示一指導・監督する業務、あるいは工事の施工管理業務に従事した経験をいう。

 

計装士試験の年齢制限

なし

 

計装士の試験内容

1・2級とも学科と実地試験。学科試験はマークシートによる択一式、実地試験は記述式。試験科目及び内容は、以下のとおり。

 

【学科試験(学科A)】
@計装一般(計装の意義、測定、制御。信号の伝送と処理)。
A計器(計装機器・システム、検出部と変換器及び伝送部、制御システム及び通信)。
B計装設計(計装工事設計の概要、計装記号及び図記号。計装用動力源、計装信号、国内・外の規格、計装配線工事及び配管工事設計、計装工事材料。メンテナンス)。
C工事の積算(計装工事積算概要)。
D検査と調整(試験・検査の種類、計装配線・配管工事検査、計器の調整)。

 

【学科試験(学科B)】
E工事施工法(盤類の据付、機器類の取付、ダクト・ラック据付及びトラフの布設、配線・配管工事、防爆及び接地工事、工事用工具、工程管理)。
F安全衛生(労働安全衛生法概要、労働安全衛牛規、則の通則及び安全衛生基準)。  
G法規(労働安全衛生関係法令、労働基準法振 要、法令等の種類。工事に関連する法規)。 

 

【実地試験】
工事計画、材料並びに製品の判定、計装設計。 計装工事設計、制御ロジック、検査調整、安全衛生、計装工事材料積算、計装工事工数積算。 
※「工事の積算」は、1級のみ。  

 

計装士試験の受験手続き

所定申込書に必要事項を記入して写真2枚を貼付し、受験料納入の上、必要書類を添付して、下記の問い合わせ先へ郵送又は持参する。受付期間は、平成25年5月1日〜24日。

 

計装士試験の受験料

学科(1・2級共)/7,400円 実地(1・2級共)/17,500円 

 

計装士の試験日

1級学科:8月下旬 2級学科8月下旬。
1級実地:12月上旬、2級実地:12月上旬

 

計装士試験の試験地

東北、関東、中部、関西、九州。

 

試験の免除

平成23年度、24年度の学科試験合格者は、同一等級の25度の学科試験が免除される。1級施工管理技術検定(電気工事、管工事)合格者は、1級計装士の学科日が免除。1・2級施工管理技術検定(電気工事、管工事)合格者、第1種電気工事士免状の交付を受けた者は、2級計装土の学科日が免除される。

 

計装士試験の難易度

合否判定基準は、学科試験及び実地試験のそれぞれにおいて、55〜65%の正解率の範囲とする。

 

問い合わせ先

一般社団法人 日本計装工業会
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-8-1 虎の門電気ビル5F 03(3580)8921