自家用飛行機操縦士

資格内容

l言事業目的ではなく、雪分の楽しみのために自家用飛行機を操縦するのに必要な資格。飛行経歴などは航茫従事者司会芦安を参照のこと。各地の飛行クラブで操縦を教わり、飛行時間を蓄積するほか、比較的費用の安いアメリカなどの航空関係の字校で字び資格を取るケースもある。

試験科目

学科/@航空工学、A航空気象、B空中航法、C航空通信、D航空法規。
実地/@運航に必要な知識、A飛行前作業、B飛行場及び場周経路における運航、C各種離陸及び着陸ならびに着陸復行及び離陸中止、D基本的な計器による飛行、E外部視認目標を利用した飛行を含む空中操作。F野外飛行及び型式の特性に応じた飛行、G異常時及び緊急時の操作、H航空交通管制機関等との連絡、I総合能力。

試験日

学科/年2回程度、実地/学科試験
合格者に通知。

受験料

学科/5,600円、実地/4万6,400円。