法学検定試験

試験内容

多肢択一方式。ベーシック<基礎>コース/法学部2年次生程度。基本法についての基礎的知識・能力を測る。
スタンダード<中級>コース/標準的な法学部3年次生程度。各種資格試験や採用試験の腕試しとして、また法律学の知識・能力の到達度測定手段として利用できる。
アドバンスト<上級>コース/法曹を目指す等学習の進んでいる法学部3年次生および法学部終了程度。将来法曹を目指すためのステップとして、また企業や官公署等において法律実務を担当しうるだけの一定水準以上の体系的な法学の実力を証明。

受験手続き

出願手続きは試験日のおよそ1ヶ月前までの1ヶ月間。申込方法には「個人申込」、「団体申込」、「グループ申込」がある。個人申込の場合、出願書類は特約書店等やホームページから入手。申込は邨送での申込とホームページやコンビニ店頭設置機械などからの申込方法がある。

受験料

基礎/4,200円、中級/6,300円、上級/9,450円、基礎+中級/8,400円、中級+上級/12,600円(セット割引は同時出願の場合のみ適用)。

試験日

11月24日。

試験地

札幌市・仙台市・東京都・愛知県・京都市・大阪府・岡山市・愛媛県・福岡県・沖縄県の全国10地区。

合格率

上級/20.1%、中級/51.5%、基礎/61.5%。(平成24年度)

問い合わせ先

法学検定試験委員会
〒103-0025 東京都中央区日本橋芽場町3-9-10
TEL 03(5614)5636