福祉住環境コーディネーター検定試験

資格内容

各級の基準は、以下のとおり。
3級…福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解度の確認。2級…3級で得た福祉と住扁境の知識を実務に活かすために、より帽広く確実な知識を身につける。また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力がある。1級…3、2級で得た知識をもとに.新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、帽広い活勅ができる能力がある。 

受験資格

特に制限なし。ただし1級は2級合格が条件。

 

試験内容

マークシート方式による選択問題(1級はマークシート方式及び記述式)。

 

3級…3級テキストの基礎知識と、それを理解した上での応用力を問う。少子高齢社会と共生社会への道、福祉住環境整備の重要性・必要性、在宅生活の維持とケアサービス等。2級…2級テキストの知識と応用。高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境、福祉住環境コーディネーターの役割と機能等。1級…1級テキストの知識と応用。福祉住環境整備の必要性と福祉住環境コーディネーター1級の役割等。実務能力などの実践力・応用力・総合的判断力を問う。

受験料

3級…4,200円、2級…6,300円、1級…1万500円。(税込)

試験日

第30回3・2級…7月7日。第31回3・2・1級…11月24日。(平成25年度)。

試験地

全国各地。

合格

3級…41.1%、2級…53.55%、1級…5.2%。(平成24年度)

問い合わせ先

東京商工会議所検定センター
TEL 03(3989)0777