DCアドバイザー

試験内容

3分野あり、はじめて受験する人には、全分野受験が義務づけられる。各分野共四肢択一式で50問。制限時間は90分。解答方式はマークシート。
第1分野/労務・賃金及び企業年金導入。確定拠出年金制度。
第2分野/社会保険・私的年金の周辺知識、リタイヤメントプラン。
第3分野/資産運用情報、確定拠出年金と投資教育。

受験手続き

受験申込書類に同封されている郵便振替用紙に金額・住所・氏名等必要事項を記入し、郵便局に払い込む。振込手数料は別途本人負担。合否の発表は、分野ごとに行なわれる、前述したとおり、最初の受験は全分野受験が義務づけられるが、2回目以降は合格分野を除いた分野の受験が可能。なお、分野合格の権利の有効期限は最長1年。ただし、DC協会の研究会員となり(入会金5,000円、年会費1万円)、所定の継続教育プログラムを受講すれば期限は延長される。

年齢制限

試験当日20歳以上。

受験料

全分野を受験/1万600円、2分野を受験/8,500円、1分野を受験/6,400円。

試験日

年1回(12月)

試験地

東京、名古屋、大阪、福岡、札幌。

問い合わせ先

NPO法人確定拠出型年金教育・普及協会(DC協会)事務局
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-17-3 都ビル6F
TEL 03(3222)6113 FAX03(3222)6008