2級土木施工管理技士

受験資格

学科…学歴・資格により必要な実務経験年数が異なる。土木工学、都市工学、衛生工学、交通工学及び建築学に関する学科などの指定学科卒業者で、@大学卒業後1年(1年6か月)以上の者。A短大・高等専門学校卒業後2年(3年)以上の者。B高等学校卒業後3年(4年6か月)以上の者。Cその他は8年以上の者。

 

※( )は指定学科以外の学科卒業者。
※実務経験年数とは、土木工事現場において土木一式工事のうち、土木又は鋼構造物塗装、薬液注入に関わる工事の施工管理に従事した年数をいう。

 

実地試験…@当年度2級土木施工管理技術検定・学科試験受験者。A平成24年度2級土木施工管理技術検定・学科試験に合格した者。B技術士法による2次試験のうち建設部門、上下水道部門、農業部門(選択科目:農業土木)、森林部門(選択科目:森林土木)、水産部門(選択科目:水産土木)、総合技術監理部門(選択科目:建設部門、若しくは上下水道部門又は水道部門、農業土木、森林土木、水産土木)の合格者で。2級土木施工管理技術検定学科式験の受験資格を有する者。

試験内容

学科(択一式) / @土木工学などに関する概略的知識。A法規に関する概略的知識。※なお、@とA以外に、土木は施工管理法、鋼構造物塗装は鋼構造物塗装施工管理法、薬液注入は薬液注入施工管理法が。それぞれ択一式で行なわれる。

 

実地(記述式) / 土木=施工管理法、鋼構造物塗装==鋼構造物塗装施工管理法、薬液注入=薬液注入施工管理法についての応用能力試験。
※2次試験は、本年度の1次試験受験者の他、前年度の学科試験合格者又は技術士法による2次試験のうち、建設部門、水道部門、農業部門(農業土木選択)、林業部門(森林部門選択)の合桔者で、2級土木施管理技術検定試験の受験資格を有する者が受験できる。

受験手続き

下記センター又は各建設弘済会(協会)にて申込用紙を入手し、次の書類をそろえて、所定の受験申込期間内(最終日の消印有効)に筒易書留で一般財団法人全国建設研修センター土木試,験課に提出する。@受験申込書・申請吉。A住民票。B写真。C卒業証明害。D資格証明書。

受付期間

学科・実地共 / 4月12日〜26日。(平成25年度)

受験料

学科・実地両方 / 8,200円。
片方のみの場合 / 4,100円。

試験日

学科・実地共 / 10月27日。(平成25年度)

試験地

土木 /札幌、釧路、青森、仙台、秋田、東京、新潟、富山、静岡、名古屋、大阪、松江、岡山、広島、高松、高知、福岡、鹿児島、那覇の19地区。

 

鋼構造物塗装・薬液注入 / 札幌、東京、大阪、福岡の4地区。

 

平成24年度の試験結果

種目

受験者数

合格者数

合格率

学科(土木)

28,939人

15,399人

53.2%

学科(実地)

28,085人

6,725人

23.9%

 

※実地試験の受験者数は、学科試験免除者も含む。

 

問い合わせ先

(一般財団法人)全国建設研修センター 土木試験課
〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2
TEL042(300)6860