1級建築施工管理技士

受験資格

学歴別に次に記す実務経験年数(そのうち指導監督的実務経験を1年以上含む)。

 

@大学卒業後3年(指定学科以外は4年6か月)以上の実務経験を有する者。A短大・高等専門学校卒業後5年(指定学科以外は7年6か月)以上の実務経験を有する者。B2級建築施工管理技術検定合格証明書の交付を受けた後又は2級建築士試験合格後、5年以上の実務経験を有する者。C2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年末満で、高等学校卒業後9年以上(指定学科以外は10年6か月)の実務経験を有する者。Dその他は14年以上の実務経験が必要。

 

実地試験の受験資格は次のとおり。
@学科試験の合格者(前年度の学科合格者を含む)。A建築士法による1級建築士試験に合格した者で、1級建築施工管理技術検定学科試験の受検資格を併せて有する者。

 

年齢制限

特になし。

試験内容

学科試験(択一式)…@建築学等(建築一式工事の施工に必要な建築学、土木工学、電気工学及び機械工学に関する一般的な知識を有すること。設計図書に関する一般的な知識を有すること)。A旅工管理法(建築一式工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること)。B法規(建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること)。

 

実地試験(記述式…施工管理法(建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること、設計図書に基づいて、工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること。

受験手続き

所定の申込書・申請書に住民票、写真、卒業証明書、受験料払込証明害を添えて郵送すること。なお、2級建築施工管理技土の資格をもっている者は、その資格証明書を添付しなければならない。受験者の資格によってはインターネット申込ができる。

受験料

学科…9.400円。実地…9,400円。

申込期間 

2月8日〜22日。(平成25年度)

試験日

学科…6月9日。実地…10月20日。

試験地

札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、 大阪、広島、高松、福岡、沖縄の10か所で実施。   

難易度

合格率は学科が51.0%、実地が34.4%。

問い合わせ先

(一般財団法人)建設業振興基金試験研修本部
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館3F
TEL 03(5473)1581